青色申告特別控除制度というメリット

青色申告特別控除制度というメリット

フリーランスの方が確定申告をするにあたって、その申告方法は2つあります。青色申告と白色申告です。
青色申告は青色申告特別控除制度という制度を利用することができます。

これは青色申告をしているからこそ得られるメリットで、きちんと簿記の原則に従って記帳をし、それに基づいて計算した賃借対照表と損益計算書を申告書と一緒に確定申告時に提出すると、65万円の控除を受けることができます。

所得金額を定めるにあたっては通常、売り上げから経費をマイナスした金額を事業の所得としています。青色申告特別控除制度を利用することによって、その所得からさらに65万円をマイナスできるので、節税効果が高いのです。

青色申告による確定申告は、開業してから2ヶ月以内、2年目以降の場合は毎年3月15日までに青色申告の申請をしなくてはなりません。所轄の税務署に青色申告承認申請書を提出し、受理されると青色申告適用事業者となります。

青色申告適用事業者となると日々の帳簿も白色申告の方よりも大変で、面倒という方も多いですが、そうは言いながら65万円もの控除は多くの事業者に対してメリットが大きいですから、青色申告をしているケースがとても多いです。

    Copyright(C) 個人事業主のための青色申告 All Rights Reserved.