青色申告の確定申告時に必要な書類

青色申告の確定申告時に必要な書類

青色申告を申請して承認された場合は,確定申告も青色申告者用の形式に従って行わなければなりません。
個人事業主の青色申告を行うとなると難しそう、と思うかもしれません。
もともと税に関して明るい方でないと、聞いた事もないような言葉が出てしまうので、不安に感じるかもしれません。
帳簿の書き方は複式帳簿をつけることが必須なのですが、書き方自体は税務署で教えてくれます。
はじめて見るとほとんどの方はわかりませんので、わからないことはしっかりと聞いておきましょう。

気になることと言えば必要書類だと思います。まず、最低限必要な提出物は青色申告決算書と確定申告書Bの2つです。
よく売り上げを証明するレシートや伝票が必要なのでは?と思うかもしれませんが、これらは提出の義務がありません。しかし、捨てていいものでもなく、これらレシートや伝票は保管が義務づけられており、7年間は保管しておくものとしてあります。確定申告の時に提出しなくていいものの、もしも税務署から疑義があった場合は、その後提出を要求されることがあります。その時に提出できないと、所得金額の確定ができませんので、場合によっては青色申告が取り消されてしまいます。

決算書は4種類で、

・損益計算書
・賃借対照表
・月別売り上げの計算書
・減価償却費などの計算書

が必要です。

    Copyright(C) 個人事業主のための青色申告 All Rights Reserved.