赤字を繰り越すことができるというメリット

赤字を繰り越すことができるというメリット

青色申告にしていると日々の帳簿の記帳が大変ですが、それによって得られるメリットも大きく、たくさんの個人事業主の方々が利用しています。

特に開業して間もない個人事業主にとっては最初の1?2年はかなり厳しいとも言われています。その為、ちょっとの税金でも負担が少なくなれば…と考えることと思いますが、確定申告の申告方法を青色申告にするだけで、大きなメリットを得ることができます。

そのメリットの中でも赤字を繰り越すことができるというのは大きいと思います。
たとえば開業して間もない初年度の場合、赤字で終わったとします。初年度が100万円の赤字、翌年も50万円の赤字で3年目に300万円の黒字になったとしたら、その年の確定申告で過去2年間分の赤字を利益からマイナスすることができます。つまり、300万円の黒字でありながら、税金の計算上は黒字額150万円ベースとなり、かなりの節税効果が見込めます。

ちなみに、一年間の赤字をその年の他の所得と相殺させる方法は白色申告でも可能です。しかし、3年間の赤字を繰り越せるので、売り上げが上がらず利益も確保できない、という個人事業者の方ほど青色申告にて確定申告する方が大きなメリットとなるのです。

    Copyright(C) 個人事業主のための青色申告 All Rights Reserved.